ファッションが示す国民性

アジア人は外観が似ていますが、ファッションによってある程度出身国を予測できることができます。

ファッションが示す国民性

ファッションが示す国民性

ファッションが示す国民性
初めての人に会う時、第一印象は顔と服装で決まると言っても過言ではありません。服は所属を表わす道具としても使われます。学校の制服や企業の制服です。また、個性を表わすための道具にもされています。多くの人が流行している服を着ているとしても、組み合わせや色を変えたり、アクセサリーを加えることで自分らしく着こなしています。服だけで、その人のファッションセンスがわかりますし、職場や職種がわかるなど色々な情報が得られます。時には、国籍がわかることもあるのです。民族衣装を着ていたら、もちろん出身国がわかるでしょう。しかし、最近は多くの国で洋服が着られています。洋服でもファッションによって出身国を予測できてしまうのです。

特に日本人と韓国人や中国人はよく似ています。日本人が西洋人を見て同じように見えるように、西洋人から見ればアジア人を区別できないでしょう。しかし、アジア人からアジア人を見ると、微妙なファッションの違いに気づきます。日本の観光地に行って観光客を観察してみると日本人ではないという程度はわかります。国々によって流行も異なります。着こなしも違います。好む色もあるでしょう。よく見ていたら、国毎にファッションの共通点が見つかり、面白いものです。

比べてお得!



Copyright(c) 2016 ファッションが示す国民性 All Rights Reserved.